top of page
  • 執筆者の写真kurodamahouse

●23.11.27 イキイキ運動教室(両手を上げて進む)●

更新日:2023年12月15日

 今月から74歳と84歳の方が新規入会してくださいました。

 皆さんの平均年齢は80歳近いのですが、休まずに頑張ってます。  継続は力なり! 続けていると、難しい練習も出来るようになっていきます。

 筑波大学が開発したスクエアステップ エクササイズ(SSE)は、マットを使う認知症予防、転倒予防用に開発された優れたエクササイズです。  このエクササイズの特徴は、マットの上を進みながら前の線ギリギリに足を降ろす(集中力)、体幹に力を入れる(バランス力)、しっかり足を上げる(下半身筋力)、マットの上を決まったステップパターンで間違えずに進む(記憶力)を同時に行うので、とても難しいですが、本当に優れたエクササイズです。

 認知症予防、転倒予防で使うスクエアステップマットを私達は「魔法の絨毯」と言ってます!!

 クロダマハウスは、さらに「魔法の杖」と呼んでいる「3色棒」を使って上半身のトレーニングも加える練習もしているので、全身運動がしっかり出来る内容になっています。

 筋トレがとても多い高齢者運動教室が最大のポイントです。




●SSE 両手を上げたままで、一マス飛ばして足を揃えて進む●

 両手を上げながら進むのは、かなり難しい練習です。

 このマットの1マスは25cm四方のマスですが、たった25cm奥に足を置くのが、結構遠くに感じてしまいます。体幹を鍛えるバランストレーニングです。



●SSE 足の下で手を叩いて(腿をタッチ)進む●

 この練習もバランストレーニングです。

 手を叩くので足を上げる時間が長くなり、バランストレーニングになります。まだ慣れていない方は、腿をタッチして進のもOKです。

 高齢者の運動教室は年齢差、体力差が大きいので、皆さん自由に自分の一番やり易い方法を選んで練習しています。

閲覧数:0回
bottom of page